新型コロナウィルス対策について
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルスの感染を防止するため、当館では下記の対策を実施するとともに、お客様に対しても対策へのご協力をお願いします。

対策について

・スタッフは開館中、マスクを着用して対応します。
・換気のため、冷暖房使用中も中央入り口を開放します。
・金銭のやり取りにはトレイを使用します。
・手すり等、手を触れる可能性のある場所は定期的に清掃、消毒します。
・お客様からのご質問には対応しますが、最小限とし、ガイドツアー等は行いません。
・10名を超える団体の来館はお断りする、または人数を分けて観覧いただきます。

・万が一、館内で感染が発生した場合は、保健所等と連携して適切に対処します。
・感染の状況により、臨時に閉館することがあります。

最新の情報は公式ブログ、Twitterにてお知らせします。

お客様へのお願い

・入館時に、アルコールによる手指消毒をお願いします。
・風邪の症状、倦怠感があるなど、体調不良の方は入館をご遠慮ください。
・館内では、できる限りマスクの着用をお願いします(*)。
・館内の密を避けるため、一度に入館できる人数を10名以下に制限させていただきます。
・館内ではできるだけ、他のお客様との距離を確保するようにしてください。

(*)健康上の理由などでマスク着用が困難な方などは無理に着用しなくて結構です。
咳エチケットへのご協力をお願いします。

2020.7.15作成 
2021.10.18 ガイドライン改訂に伴い見直し(対応について大きな変更点なし)

参考資料

(外部サイト:日本博物館協会 主に博物館運営者、職員のための資料です)

改訂版 博物館における新型コロナウィルス対策ガイドライン

博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防チェックリスト

博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。うれしいです。
日本でラジオ放送が始まって95年を超えました。当館では日本製のラジオを中心にオーディオ機器など歴史的に貴重な製品及び関連資料を、放送の歴史の流れに沿って分類、整理してネット及び長野県松本市の博物館で公開しています。タイトル写真は展示室の様子です。