日本ラジオ博物館

日本でラジオ放送が始まって95年を超えました。当館では日本製のラジオを中心にオーディオ機器など歴史的に貴重な製品及び関連資料を、放送の歴史の流れに沿って分類、整理してネット及び長野県松本市の博物館で公開しています。タイトル写真は展示室の様子です。

日本ラジオ博物館

日本でラジオ放送が始まって95年を超えました。当館では日本製のラジオを中心にオーディオ機器など歴史的に貴重な製品及び関連資料を、放送の歴史の流れに沿って分類、整理してネット及び長野県松本市の博物館で公開しています。タイトル写真は展示室の様子です。

マガジン

  • 企画展を見る

    日本ラジオ博物館の開催中の企画展の紹介、および過去の企画展を再構成して紹介します。企画展の再構成では、開催時に入手できていなかったものや、スペースの点で展示できなかった大きなものなどを追加し、テーマに合わせて再構成し、より詳しい解説を加えてまとめます。(印刷物については著作権の関係で画像を省略することがあります。)

  • 日本ラジオ博物館に行く

    長野県松本市の日本ラジオ博物館のご案内です。

ウィジェット

  • 商品画像

    ラジオの技術・産業の百年史―大衆メディアの誕生と変遷

    岡部匡伸

リンク

記事一覧

固定された記事

日本ラジオ博物館について

日本ラジオ博物館は、2000点を超えるラジオのコレクションを所蔵しています。ネット上のバーチャルミュージアムとともに、この中から厳選した収蔵品を長野県松本市の展示施…

臨時ミニ企画展 戦争と無線通信

はじめにタイトル写真は第2次世界大戦中の米軍の無線施設です。無線は、ごく初期のころから軍事利用とともに発展してきました。「ラジオと戦争」は当館の大きなテーマです…

「ラジオのはじまり」展(開催中)

タイトル写真は初期のラジオの説明書のアンテナの図です。2020年にアメリカでラジオ放送が始まって100年になりました。人類が電波を使い始めたのも20世紀に入った頃です。…

「ゾルゲ事件と無線通信」展

タイトル画像はスパイの無線局の配置図です(みすず書房『ゾルゲ事件』より、部分)。ゾルゲ事件は 1933(昭和8)年、ドイツの新聞特派員を名乗って東京に潜入したリヒアルト・…

「ラジオと戦争」展

戦後70年の節目の年に、ラジオを通して戦争を振り返る企画展を開催しました。戦時下のラジオ及び関連資料を展示し、戦争の時代を戦争におけるラジオの役割という観点から考…

「ラジオのデザイン」展

ラジオはつねに最新のデザインのトレンドを取り入れてきました。この特別展では、ラジオのデザインの変遷に着目し、当館のコレクションから戦前期の海外製ラジオ、戦後につ…

常設展ガイドブックのご案内

みなさまからご要望のありました常設展のガイドブックを制作しました。 館内および通販で発売中です。A4版50ページ。 ご案内本書では日本が1925(大正14)年にアジアで初め…

「高度成長の記憶」展

前の東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年の前後10年間、日本は平均9%という驚異的な経済成長を達成し、家電製品が家庭に行き渡りました。この特別展では高度成長…

日本と世界のラジオ「2013収蔵品展」

世界にはユニークなラジオがたくさんあります。2回目の企画展は、「収蔵品展」という自由なテーマで、日本のラジオの歴史を展示する常設展ではなかなか公開できない外国製…

当館のあゆみ(旧館の思い出)

2012年2月、突然本当の博物館を作れることになりました。松本の中心市街地の小さな蔵を使った、最初のリアル「日本ラジオ博物館」の記録です。サイトでイベントの紹介など…

当館のあゆみ(ネット博物館時代) 2007-2012

タイトル写真は、残っている最古の2008年の当館のサイトのトップページです。2007年に「日本ラジオ博物館」を名乗ってネット上の博物館を立ち上げてから松本の博物館を開き…

個人情報保護方針

日本ラジオ博物館(以下「当館」)は、お客様の個人情報(個人を特定できる情報)保護の重要性を認識し、個人情報保護方針(以下「本方針」)に基づき責任を持って適切な取扱…

手作りラジオの世界「ラジオをつくる」展

窓から涼しい風が入る晩夏の夜、はんだごてを握りしめてラジオの組み立てに取り組む少年。終戦直後、1947(昭和22)年のラジオ雑誌の表紙です。自分で組み立てたラジオから放…

100年前のラジオ「古典ラジオの世界」展

このタイトル写真、ラジオに見えますか?これはラジオ放送が始まった100年近く前の今はないアットウォーターケントというアメリカのメーカのラジオです。板の上に部品や電…

えっ!これもラジオ「おもしろラジオの世界」展

タイトル写真はどう見てもおもちゃ屋さんのショーウィンドウですが、ここに並んでいるのはすべてラジオです。こんな「ラジオに見えない変わったラジオ」が「ノベルティラジ…

戦時下のラジオと情報統制展

このタイトル画像は、太平洋戦争末期に米軍のB-29から散布された「アメリカの声」ラジオ放送時刻表を印刷した伝単(ビラ)です。これを拾ったら警察に届けないと処罰されまし…

固定された記事

日本ラジオ博物館について

日本ラジオ博物館は、2000点を超えるラジオのコレクションを所蔵しています。ネット上のバーチャルミュージアムとともに、この中から厳選した収蔵品を長野県松本市の展示施設で公開しています。 重要なお知らせ今後、緊急事態宣言等に伴い、臨時閉館することがあります。開館日についてはホームページでご確認ください。 ごあいさつ1925年(大正14年)にラジオ放送が始まってからテレビが普及する1960年(昭和35年)頃までの約35年間、ラジオは家庭の情報、娯楽の中心でした。また、真空管を

臨時ミニ企画展 戦争と無線通信

はじめにタイトル写真は第2次世界大戦中の米軍の無線施設です。無線は、ごく初期のころから軍事利用とともに発展してきました。「ラジオと戦争」は当館の大きなテーマです。国境紛争や内戦など、戦争は世界各地で絶えたことはありませんが、まさか2022年にもなって大国が隣国に攻め込むという、古典的な「戦争」が始まるとは思いませんでした。ここでは、軍用無線機の歴史を中心に、戦争と無線について考えていきます。 Photograph was taken by the U.S. Army Sign

「ラジオのはじまり」展(開催中)

タイトル写真は初期のラジオの説明書のアンテナの図です。2020年にアメリカでラジオ放送が始まって100年になりました。人類が電波を使い始めたのも20世紀に入った頃です。今回の企画展では、初期の無線電信からラジオのはじまりまでを取り上げます。 概要開催期間:2022年3月19日(土)~12月11日(日) 開催日:土日、祝日ゴールデンウィーク期間(4月29日~5月5日)、及び夏休み期間(8月11日から17日) (今後の状況により臨時閉館または開催期間を変更する可能性があります。

「ゾルゲ事件と無線通信」展

タイトル画像はスパイの無線局の配置図です(みすず書房『ゾルゲ事件』より、部分)。ゾルゲ事件は 1933(昭和8)年、ドイツの新聞特派員を名乗って東京に潜入したリヒアルト・ゾルゲ(1895-1944)により組織されたスパイ団によって収集された機密情報がソ連に送られた事件です。この組織は 1941(昭和16)年10月18日に摘発されましたが、ドイツ大使館や日本政府中枢に深く食い込み、第二次世界大戦(特に独ソ戦)の推移に大きな影響を与えたといわれる20世紀の歴史上重要な事件です。

「ラジオと戦争」展

戦後70年の節目の年に、ラジオを通して戦争を振り返る企画展を開催しました。戦時下のラジオ及び関連資料を展示し、戦争の時代を戦争におけるラジオの役割という観点から考える展示としました。特に玉音放送については特別にコーナーを設けて貴重な資料を展示しました。(タイトル画像は、当時電力事業も行っていた伊那電気鉄道(戦時中に国鉄に譲渡され、現在の飯田線となった)が作成した戦時中のラジオのチラシ(部分)、1941(昭和16)年 この記事は「おうち平和ミュージアム」に参加しています。

「ラジオのデザイン」展

ラジオはつねに最新のデザインのトレンドを取り入れてきました。この特別展では、ラジオのデザインの変遷に着目し、当館のコレクションから戦前期の海外製ラジオ、戦後についてはGマーク選定商品を中心に、日本を代表する優れたデザインのラジオ、テレビを展示しました。 無線機からインテリアへラジオ放送開始以前、ラジオは「無線機」の一部でした。無線機は船舶や無線局に据え付けられるものでした。一般向けのラジオ放送が開始されると、その無線機が家庭で使われるようになりました。初期のラジオは、回路通

常設展ガイドブックのご案内

みなさまからご要望のありました常設展のガイドブックを制作しました。 館内および通販で発売中です。A4版50ページ。 ご案内本書では日本が1925(大正14)年にアジアで初めて放送を開始してから戦争を経て戦後復興から高度経済成長期を過ぎて放送50年を迎えた1975(昭和50)年頃のBCLブームとラジカセの流行あたりまでのおよそ50年のラジオの歴史の概要を、常設展の流れに従って各時代の解説と時代を代表する製品数点を紹介する構成でまとめています。単なる展示品のカタログではなく、ラ

「高度成長の記憶」展

前の東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年の前後10年間、日本は平均9%という驚異的な経済成長を達成し、家電製品が家庭に行き渡りました。この特別展では高度成長期を振り返り、1950年代後半から1980年頃までのラジオ、テレビなどを展示しました。 はじめに昭和31(1956)年の経済白書で「もはや戦後ではない」というフレーズが使われ、経済が戦前の水準を超えたことが明らかになりました。その後、池田内閣の「所得倍増」計画により、産業の設備投資が活発になり、GNPは年率

日本と世界のラジオ「2013収蔵品展」

世界にはユニークなラジオがたくさんあります。2回目の企画展は、「収蔵品展」という自由なテーマで、日本のラジオの歴史を展示する常設展ではなかなか公開できない外国製のラジオを中心に展示しました。 はじめに 日本ラジオ博物館には1000点を超える収蔵品がありますが、多くはお見せすることができないでいます。このたび、「2013年度収蔵品展」として、皆様に寄贈いただいた資料を中心に、普段非公開の収蔵品を展示、公開しました。 展示は、1階常設展と同様に、1920年代から年代を追った

当館のあゆみ(旧館の思い出)

2012年2月、突然本当の博物館を作れることになりました。松本の中心市街地の小さな蔵を使った、最初のリアル「日本ラジオ博物館」の記録です。サイトでイベントの紹介などを紹介していた「博物館ニュース」の再構成です。これ以前のあゆみに興味をお持ちの方は↓ 博物館予定地下見 2012年2月 2月初め、松本の友人から、「店舗として使っていた蔵が空いているので、博物館をやらないか」との連絡があり、現地を見に行ったのが2月12日でした。天気は良かったのですがとにかく寒い日でした。 松本

当館のあゆみ(ネット博物館時代) 2007-2012

タイトル写真は、残っている最古の2008年の当館のサイトのトップページです。2007年に「日本ラジオ博物館」を名乗ってネット上の博物館を立ち上げてから松本の博物館を開き、現在の新館に移転するまでのいきさつをお伝えします。 「日本ラジオ博物館」立ち上げ 2007年3月31日ラジオのコレクションを長く続け、ラジオで部屋が埋まるようになっていました。整理が付かないので番号を付けてデータベースを作ってはいました。 コレクター仲間からは「ホームページを作れ」と言われていました。ほか

個人情報保護方針

日本ラジオ博物館(以下「当館」)は、お客様の個人情報(個人を特定できる情報)保護の重要性を認識し、個人情報保護方針(以下「本方針」)に基づき責任を持って適切な取扱い及び保護をするよう努めます。 ・取得 当館は、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。 ・利用 当館は、取得した個人情報を以下の目的のために、業務の遂行上必要な限りにおいて、利用いたします。 ただし、個別に明示または通知等により利用目的を示させていただいた場合は、その利用目

手作りラジオの世界「ラジオをつくる」展

窓から涼しい風が入る晩夏の夜、はんだごてを握りしめてラジオの組み立てに取り組む少年。終戦直後、1947(昭和22)年のラジオ雑誌の表紙です。自分で組み立てたラジオから放送が聞こえた時のよろこびは何事にも代えがたいものがあります。放送が始まった頃からの「手作りのラジオ」を展示することでものづくりの楽しさをお伝えしたいと思います。 (画像出典:ラジオ科学1947年10月号表紙:部分) はじめにラジオの動作原理を理解するには高度な知識が必要で、たいへんむずかしいものですが、しかし

100年前のラジオ「古典ラジオの世界」展

このタイトル写真、ラジオに見えますか?これはラジオ放送が始まった100年近く前の今はないアットウォーターケントというアメリカのメーカのラジオです。板の上に部品や電球のような真空管がむき出しで並べられています。こんなラジオが使われていた1920年代前半を中心とした初期のラジオのことを「古典ラジオ」または「ビンテージ・ラジオ」などと呼びます。この時代のラジオを特集した企画展の様子をお伝えします。 はじめにこの時代のラジオは、現代人から見るとずいぶん変わったものに見えます。当時は

えっ!これもラジオ「おもしろラジオの世界」展

タイトル写真はどう見てもおもちゃ屋さんのショーウィンドウですが、ここに並んでいるのはすべてラジオです。こんな「ラジオに見えない変わったラジオ」が「ノベルティラジオ」です。そんなノベルティラジオを集めた企画展「おもしろラジオの世界」(2018年)の展示品や解説をお届けします。 ノベルティラジオの世界「ノベルティ:novelty」には、本来「珍品」という意味がありますが、現在では企業の宣伝を目的とした販促品を意味するようになりました。ブランドや商品名が入ったグッズすべてが含まれ

戦時下のラジオと情報統制展

このタイトル画像は、太平洋戦争末期に米軍のB-29から散布された「アメリカの声」ラジオ放送時刻表を印刷した伝単(ビラ)です。これを拾ったら警察に届けないと処罰されました。わずか75年ほど前には、決まった放送しか聞いてはいけない、外国の放送を聴くとスパイ扱いされるという時代が確かにありました。昔の話のようですが、今でもこれに近い国は世界にいくらでもあります。平和を謳歌していた1980年代展とリンクさせて、本当にあったこんな時代を示す資料を展示しました。 はじめに1931(昭和